2017-05-24

新之助上布の展示会@銀座松屋

今日から始まった新之助上布の展示会♪
予定が入っていてもなぜか初日に行けてしまうのは
ご縁があるから?と都合よく思っています(^^♪

お友達に付き合ってもらったのだけど、
「これなんか良いんじゃない?」と言ってくれたその色無地に
ロックオンされて結局連れて帰りました♡ 綿麻です。
これ

1111
写真では派手に写ってしまったけど、実物はもう少し
落ち着いた紫のような色です。

横から見ると緯糸はこんなにショッキングピンクだけど
縦糸に青系の糸を使っているから、見る角度によっては
青みがかったピンクのような紫のような色合いです。
1112

この写真の色が一番近いかな?大人のピンクと言った感じ。


無地なので帯で遊べます♡
1113

1114

1115

なんか、すごいピンクに写ってますね~(;^_^A
本当にもっと落ち着いた色なんだけど(;^_^A

職人の大西さんもお元気そうで、また色々とお話することが
できました。本当に商売っ気のない気の良いおじさんです~

今シーズンの展示会はこの銀座松屋で終わりだそうです。
また暑い湿気のある時期に反物を製作して、秋以降に
展示会シーズンが始まるんでしょうね。

本当に新之助上布の生地はステキです~♡

にほんブログ村


スポンサーサイト

2017-05-21

暑さに負けて爽竹の長襦袢

今日は暑かった~っ
暑さに負けて爽竹の長襦袢を出しました~

去年の夏は爽竹の長襦袢に美装流の衣紋抜きを
縫い付けると透ける夏着物を着た時に衣紋抜きが透けて
見えちゃうなぁと思って付けませんでした。
なので、爽竹の長襦袢を着た時は衣紋が思うように抜けず
自分で納得のいかない着姿になってました←それだけの問題じゃないけど

先日の着付け教室で夏着物の場合は衣紋抜きはどうするのか
先生に質問をしたら、透けても良いということだったので
(というかお太鼓でほぼ隠れる)爽竹にも衣紋抜きを縫い付けました。

そして汗の季節は洗える小物が良いので、博多織の伊達締めは
やめて洗える伊達締めにしました。

4433
爽竹の長襦袢に涼しい新之助上布の綿麻です(^^♪

でも実際は着るだけで汗だく(;^_^A

4432
先日辻和で買っておいたへちまの帯枕を使いたくて
久しぶりのお太鼓です。
4431
でもへちまが涼しかったかどうかというと・・・
残念ながらわからなかった・・・気持ち的には涼しいのだけど(笑)

そして薄い爽竹に綿麻だと、いかり肩が目立つということを
今になって発見ですっ
肩パットは入ってませんよ・・・・

家の中より外の方が風が綿麻を通り抜けてくれて涼しいですね。
でも前結び用帯板が結局はサテンで風通しが悪いから
帯周りはどうしたって暑いです・・・
メッシュタイプの前結び用帯板もそろそろ出てくる時期だけど
あれは多少は涼しいのかなぁ。

まぁ、普段Tシャツで過ごしている私にとっては着物はいくら
素材を夏用にしても暑いのだけどね。それでも着たい気持ちの
方が大きいのだから汗をふきふき着るしかないのです(^^♪

週に1度は必ず着物~は今回は達成できました♡

にほんブログ村

2017-05-15

米沢木綿「KIPPE」に自作の万能半巾帯

ワタクシ、今年度は小学6年の娘の謝恩会係になりました(^^♪
小学校の謝恩会に出席するのは3回目とは言え、
お客のように参加しただけだったから本格的に係をするのは初めてです。

今日は学校近くのイオンで前年度の係の方々と引き継ぎがあり
着物で行ってきました。
パラパラと小雨が降るかも、という予報だったので
降られても良いように米沢木綿「KIPPE」にUSコットンの自作半幅帯にしました。
この半幅帯は自分で言うのも何ですが、何にでも合わせやすく重宝してます。
2112
帯揚げはうずら縮緬「白茶色」、帯締めは辻和さんのセール品です。
←これまたヘビロテ。

何もイオンの打ち合わせに着物で行かなくても、とは思ったのだけど
週末、着物を着ようと予定していた日は雨に降られて断念したから
今日着ないと1週間着物を着ていないことになったのです。
1週間に1回着物を着たとしても1か月でたった4回しか着れない。
あれこれ着物や帯が欲しいと思っているのに、1か月に4回じゃ
実は1シーズンに1組か2組の着物と帯があれば十分じゃないか、
という頻度の少なさです(;^_^A

最低でも1週間に1回、可能ならさらに倍以上は着たいものですね。

さて、昨日はGOKIGENさんから注文していた和裁の小物が
届きました。
2113
こんな小物の購入にまで手書きのお礼状と折り紙で折られた鶴が
同梱されていました。本当にいつも丁寧で、私も見習わないといけません。
注文したのは本麻に使うセブ背と衿裏、それに爽竹の長襦袢と
自作の半襦袢に縫い付ける衣紋抜きです。
セブ背、衿裏は家で洗えるようにシルックのものにしました。
まだ浴衣は仕上がっていませんが、本麻の準備も少しずつ
進んでいます♪

にほんブログ村

2017-05-14

反物いただきました(^^♪

姉が仕事の慰安旅行で横浜に来ています。
前々から神戸の親戚から譲ってもらった反物があると
聞いていたのだけど、今回わざわざ重いのに持ってきて
くれました。
ちなみに姉も私より1、2年前から着物を着始めました。

まずは寿光織と書かれたこちらの緑さん。
1111
立涌の文様は染めではなく凹凸があるから織ってあるのか
刺繍なのか。でもこれ全部刺繍っていうのも考えにくいか・・・
ちょっと光沢があります。これは顔に合わせてみた結果
姉の反物ということにしました。

こちらも同じく立涌文様。色は茶色系。
1112
これを私がもらうことにしました。

そしてこちらは色留袖とタグに書かれていた反物。
反物を開いてみると、こんな風。
1113

1114
だいぶ地味ですが・・・これは私がもらうことにしました。
和裁の課題で最後の方に留袖が出てくるので
その時に使えるかなぁ・・・でも縫っても着るかどうか・・・
とは言え留袖用の反物は自分で買うと高いからあるものを
利用した方が経済的よね。。。

なーんて見てたら半分だけの縫い紋を発見!
1115
え~、縫い紋って着物が仕上がってから縫うんじゃないんだっ
きっと反物をさらに広げれば残りの半分の紋が出てきて
そこを合わせると背縫いになるのねっ
びっくり~

こちらの色留袖も寿光織の包み紙に包まれてました。
1116
寿光織ってなーに??
ググってみました。
京都の(株)竹下利という会社で作っている
白生地の品質を重視した絹織物のことのようですね。
なるほど。

最初の緑の寿光織の方は姉は私に仕立てて欲しいんだと(;^_^A
えっ、何年も先になるけどっ
と何度も言いましたが、それで良いんだそうです・・・急いでないって。
なんせ、まだ浴衣を縫ってる段階だから袷なんて本当に
いつになるのやら(;^_^A
ということで反物を全部持ち帰ってきました。
これらに取り掛かれるのは本当に先の話だけど、
とりあえず節約できたという意味では満足満足。
でも自分がものすごく気に入って買った反物で仕立てたい、という
気持ちも実は半分ある~この複雑なお財布事情と乙女心(笑)

にほんブログ村

2017-05-11

浴衣完成間近&ようやく本麻に着手♪

4月春休み明けから取り組んできた浴衣製作ですが
終わりが見えてきました♪
今週の宿題は袖をある程度作ってくることと衿をくけてくること。
現在はこんな感じです↓
6666
衿をくけている途中。袖はない状態です。

次回のお稽古では袖の丸みを完成させて、かけ衿を
付けることになると思います。袖付けはきっと宿題。それで完成!!

ということでようやく本麻に取り掛かれます!
昨日のお稽古では身頃の柄合わせと一部裁断をしました。
格子柄は背中心の左右でうまく合えば格子を合わせて、
少しずつずれてくるようなら最初からずらして柄合わせするんだそうです。
222
この新之助上布の格子はうまい具合に左右を合わせることが
できたので、ばっちり格子を合わせる柄合わせになりました。

ちなみに青い浴衣の方も袖の柄合わせをして裁断しました。
緑色の輪やグレーの大小の輪があんまりキレイに並ぶことは
避けたいから、少しずらしたり前後を逆にしたりするのだけれど
ずらすにも生地の余りによってはあんまりずらせないし、
大きな柄は難しいと思いました。
これまでお仕立てに出した反物は縞柄や細かな連続柄が多く、
大柄はなかったから経験はないのだけど、
そういう大柄のものは衿にどの辺りの柄を出すのか、
背中の柄の配置をどうするか、
によってかなり印象が変わるんでしょうね。
縫うことよりも、もしかしたら柄合わせの方が難しいのかもしれないと
思いました。

そして本麻に取り掛かる前に必要なものは糸です。
今回は自宅で洗うつもりの着物なので、糸もポリエステルにしました。
絹糸は場合によっては縮むから自宅で洗ったら糸だけ縮んで
(本麻は水通ししたから)引き攣れる可能性があるということでした。

手芸用品店で目立たない色を決めるのに迷いに迷いましたが、
最終的にこちらの糸に決定(^^♪
6665
巻いてあるのを見るとちょっと違う色かなぁと思うけど、1本だけ
布に当てて見ると結構ちょうど良い~
6664

これまで何も考えずにお仕立てに出してましたが、
プロの和裁師さんは反物が届いたらこの一連の作業をパッパッと
されているんだ~と思ったら尊敬の一言です(^^♪

にほんブログ村
プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
川崎市在住。
家族は夫、子供3人(長男高2、次男中3、長女小6)
2年前から着物にはまり時間があれば着物を着てお出かけしています。
自宅では素人ながら細々と小学生に英会話を教えています。

ブログでは着物のこと、英語レッスンの様子、旅行、日々の出来事などを紹介していきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
Hiromi T. Familyの本棚
家族の読書記録
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR