FC2ブログ

2018-11-08

初めて喪服に袖を通す

義母から譲り受けた喪服に
初めて袖を通しました。

あら、写真を見て帯締めの結び目が
おかしかったことに初めて気づいた(;'∀')

30110201

少なく見積もっても55年位前の着物です。
胴裏がかなり黄変してます(-_-;)
30110202

でも臭いがないからまだ良いですね。
これがヤフオクに出ていたら絶対臭いそうと
思って買わないけど、必ずしも黄変と臭いが
セットという訳ではないようです。
着付けの先生は
正絹の証拠だから良いんじゃない?
というご意見でした。
(ポリは黄変しない)

かけ衿だけでなく袖口、褄下、裾にも
ぐし縫いがしてあります。
30110203

30110204
これは関西仕立てなんだそうです。
仕立ても色々ですね。

お葬式に和装の喪服で行ってもいいのか
どうか、去年あたり色々調べましたが
私の中では身内以外の着物関係は和装、
それ以外は確認できる場合は確認をして
和装、その他は洋装。
となんとなく結論を出しました。

今回は着物関係なので和装に
させていただきました。

驚くことに大先輩でも袷の喪服は
まだ一度も袖を通していないという方が
少なくありませんでした。

嫁入り道具で袷と絽の喪服を
作ってもらったけど身内の不幸が
いつも夏だったから絽は着たけど
袷は未着用という先輩(65歳)

身内の不幸がまだ少なく
身内じゃなければ洋装で参列するから
喪の着物はまだ着ていない
という先輩(55歳くらい)
など。

いざという時にないと困るけど
着る機会は一生に片手で数えるほど
あるかないか、ということですね。

あと必要だと気付いたのは黒か紫の
和装コートです。
先輩方は黒か紫の道中着や道行を
羽織っていました。
帯付きの時期は良いとしても
2月とかの真冬ならコートは必須ですよね。
ただこれも着る機会は相当少なそうです。

そう思うと胴裏が真っ黄色でも
新調せずにそれを着続けようか・・・
でも喪主になってしまった場合に黄色が
ちらっと見えたらどうか・・・(-_-;)
難しいところ・・・

きっと袷が縫えるようになったら
自分で縫うのが1番良さそうです。

にほんブログ村



スポンサーサイト

2018-11-03

松濤美術館 「大名家の能装束と能面」展

渋谷区立松濤美術館で
能装束、能面の展示会が開催されています。

これらは岡山県の林原家所蔵のものらしく
調べてみると旧岡山藩主池田家から
林原家が引き継いだ大名調度品のようです。
岡山には林原美術館というのもあり
実業家だった林原一郎氏が収集した絵画や
工芸品、それに池田家から引き継いだ
調度品が展示されているようです。

三渓園の原家といい、岡山県の林原家といい
実業家って全国各地にいらっしゃるんですね~

こちらが松濤美術館。
区立ということに驚きです。

30102801

ちなみに着物で行くと入館料が2割引き♪

展示品は撮影不可ですが
こんな撮影スポットがありました。
30102802

能舞台の背景ですね。

能装束は古くは桃山時代のものから
江戸時代のものまでそれはそれは
豪華なものでした。
館内はそれほど広くないので
装束の1つ1つをじーっくりと
見ることができました。
「白紅萌黄段〇〇唐織」などと
それぞれタイトルがついていましたが
肩から裾にかけて白→紅色→萌黄色と
地色が段々に変化しながら織られていて
そこにさらに金糸で龍や草花の
模様が織られていたり、さらに刺繍が
施されていたり。
1着の装束を作るのも
気が遠くなるような作業です。

「摺箔」や「縫い箔」など本で読んで
わかったようなわかってないような・・・
と思っていたものも実際に見ることが
できて勉強になりました。

館内が広くないので疲れないし
展示品は見応えがあるし
お勧めです♪

この日は10月最後の週末でしたが
気温が20度越えということで
綿麻です。
30102803

家を出る時に
お向かいに住むおばあちゃんが
歩道にいらしたので
くるっと回って着物姿を全身見てもらいました。
「ちょっと派手ですかね?(笑)」という
私に「派手じゃない、派手じゃない、可愛いよ」と(笑)
なんかうっすら涙ぐまれていたような・・・
確か御年89歳。
若い頃はよく着物を縫ったものよ、と
私が和裁をしていることを知ってからは
着物の話をよくします。
きっと昔を思い出していたのかな。
私の年代でも涙もろくなるんだから
おばあちゃんのお歳ならなおさらですね。
私も40年後に元気で生きていたら
近所の若い奥さんの着物姿を
見て嬉し泣きしそうです・・・


お昼は美術館近くのガレット屋さん。

30102804

30102805


にほんブログ村

2018-10-30

無双袖の長襦袢に取り掛かりました

和裁は四つ身のアンサンブルが完成して
無双袖の長襦袢に取り掛かりました。

長襦袢を着ない人も多いかと思いますが
最初に着物を着始めた時に長襦袢を
着る方法だったから
なんとなく変えられない・・・
今のところ長襦袢を着たいタイプです。

替え袖も利用したいと思ってくノ一麻子を
導入したけれど、替え袖を着物の裄に合わせて
マジックテープでつけるのが
面倒と思ってしまって(;^_^A

くノ一麻子は今は補正に大活躍です。

今回の長襦袢地はこんな感じ。↓

30102601

とっても気に入ってます。
写真は背ブセを縫い付けているところ。

和裁ではカリキュラムがあって
全部を縫い終えないと
修了できないシステムだけど
近々そのシステムをやめて
縫いたいものを縫っても良いことに
しようか、と先生からお話がありました。

それならば大先生がお元気なうちに
袴を縫いたい!!!!
仙台平は高価そうだけど・・・
ちょっと奮発しちゃおうか・・・
迷い中であります。


週末に近所のママ友が着付け練習に
着てくれまして
あーだこーだやってる間に
娘がクックパッドを見ながら
1人でクッキーを焼きました。

30102602

絶対に難しいから初心者の娘には
まだ向かないよと忠告した
チェックのクッキーでしたが
上手ではないものの、1人でここまで
焼きました~

ちょっと長襦袢地の柄に
似てるような・・・(笑)

普段は女子力が低いけれど
「翌日に友達が来る!」という時だけ
張り切るところが私にそっくりです・・・・

予想通り、翌日にはお友達と
仲良く美味しそうに食べておりました(^^♪

にほんブログ村

2018-10-26

日日是好日

先週末になりますが「日日是好日」を
観てきました。

着物で映画館に来る人が何人かは
いるかなぁと思いましたが
私1人でした・・・
都内の大きな映画館だと
もっといたのかなぁ。

この日は何となく木綿の気分だったので
米沢木綿KIPPEにしたかったけど
シワが目立つかなぁと考え直して
阿波しじらのコットンウールにしました。
こちらの方が目立たない。

30102201
 
帯は髭紬です。

30102202

くノ一麻子を着るようになって
胸の補正が安定しているように思います。

30102203

映画の中では横浜の三渓園での
お茶会の場面も出てきました。
三渓園へはちょうど9月後半の
まだまだ暑い日に散歩がてら
行ったばかりです。

こちらは三渓園内にある
織田有楽斎が設計したと言われている
茶室です。
向かって左側の小さい部屋がそうです。
右側の大きい広間の方は後から
増築されたと書いてあったような・・・・
(違ったかもしれません)
30102204

こちらは三渓園に入る門です。
30102205

三渓園内の散策は案外アップダウンが
あって、石や岩もゴツゴツしているので
草履だと大変だと思います。
私はサンダルでも失敗したと思いました。
お茶会のためだけに訪れる場合と
散策する場合は着るものを
変えた方が良さそうです。

でも贅をつくした。。。というと
語弊があるかもしれませんが、
京都に建てられていた立派な
建物(重要文化財)を沢山移築してあり
こんな素晴らしいものが1か所で見れるのか
と驚く園内です。またすぐ行きたいくらい。
生糸貿易で財をなした原三渓さんの
実業家として成功した暮らしぶりを
感じずにはいられない場所です。
←ただちょっと場所的に行きにくい・・・

話がそれましたが
映画は樹木希林さんの存在感を
感じるものでした。
内容は観てのお楽しみに。

日日是好日
私も毎日を精一杯生きようと
思いました。

にほんブログ村


2018-10-22

歌舞伎座へ

娘の学校で観劇会があり
希望する保護者も参加することができたので
行ってきました♪
これまで国立劇場の親子歌舞伎や親子狂言は
行ったことがあったけど歌舞伎座は初めて(^^♪
*歌舞伎座ギャラリーだけは行ったことあり

30101901

まぁ、学校の、しかもオマケの保護者の席だし
仕方ないけど3階でこーんなに舞台から遠いっ(-_-;)
30101905

花道もちょっとしか見えない(笑)

オペラグラスは持ってないし
勘九郎さんや七之助さん、獅童さん、白鸚さんの
顔がはっきり見えなくて残念でした・・・(;'∀')
今後のためにオペラグラス買おうかしら。

昼の部を観ました。
30101908
3幕目の「佐倉義民伝では白鸚さんと七之助さんが
夫婦役でした。実際には驚くほどの歳の差婚ほどに
年齢差がありますけどしっかりとハマっていたのが
すごいですね。

解説本も買ったからゆっくり読みたいと思います。
30101907

今季初の袷で行きました。
(鏡が埃だらけですみません)
帯は綴れ、帯締めはなんと道明の笹浪組「法隆寺」!
30101903

ヤフオクでなんと定価の6分の1程度で
落札してしまった!
30101904
箱なども付属してるから本物だと思います。
と言っても自分で店舗まで出向いて
購入してない限り100%というのは
言えないのかもしれないですけど
自分では大満足で締めることにします♪

天気予報では「気温が低くなります」ということで
上着を羽織っている人が多い日でしたが
着物だと汗かきの私にはとっても暑い日でした(;'∀')

にほんブログ村


プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
川崎市在住。
家族は夫、子供3人(長男高3、次男高1、長女中1)
2年前から着物にはまり時間があれば着物を着てお出かけしています。
自宅では素人ながら細々と小学生に英会話を教えていました。
(現在は終了)
ブログでは着物のこと、旅行、日々の出来事などを紹介していきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
Hiromi T. Familyの本棚
家族の読書記録
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR