2017-03-29

本塩沢で着物遊び

先日トルソーに着せつけた本塩沢でしたが
今日は嫁ぎ先になるお友達が来てくれたので
ちょっと自装の練習も兼ねて着付け遊びをしてみました。

人に口で説明するより見せた方がわかりやすいかなぁ、と
私も横で肌襦袢から一緒に着てみました。
一度に着物と帯は覚えられないと思ったので今回の自装練習は着物まで。

この本塩沢は前巾が確か22.5㎝、後巾が27.5㎝。
私は前巾が23.5㎝~24㎝、後巾が28㎝~29㎝がベストなんで、
ちょっと小さいのですよ。
しかし痩せているお友達にはぴったんこでした♪
おはしょりの長さも良いから身丈もちょうど良いんでしょう(^^♪
2211
私には短いこちらの名古屋帯も彼女にはぴったんこ!
それって私が太ってるってことよね・・・
嫁ぎ先が決まって嬉しい反面、複雑ぅ・・・
2212
1回目でこれだけ着れたら100点満点でしょう♡
2213
帯周りはこんな感じ。帯揚げ、帯締めは訪問着用だけど
練習なんで問題なし(^^♪
2214
今回もとっても喜んで着てもらえました♪
とにかく着物を着ることに対して喜んでもらえるのが
こちらとしても一番嬉しいことです♡
着物を譲ってもらったお友達にも本当に感謝です♡

今回も別のお友達がオブザーバーとして参加してくれましたが、
昔通っていた某着付け教室のテキストなど何冊か着物関係の本を
持ってきてくれました。
そのテキストをパラパラめくると「末広太鼓」が載ってましたよ~
5555
留袖、訪問着、付下げに、と書いてあります。

私の先生は末広は左側に広げてましたがこのテキストでは右側に。
5554
最近は着物を着る機会自体が少ないからこういう変わり太鼓を
締める人も減ってるんじゃないかなぁ?
でもこうやって大手着付け教室でもコースが進むときっと習うんでしょうね。

あっ、お友達は今日は草履は持ってこなかったの~と言って
着物にスニーカーを履いて帰っていきました(笑)
もう暗くなってたし徒歩3分だし、まっいっか(笑)

にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-03-28

正しい角出し

昨日の着付け教室でパートナーさんが
そのまま着物を着てお出かけするということで
先生に手伝ってもらって角出しをしていました。
ちょうど銀座に行った時に角出しに失敗していたから
先生が結んでいるところをじっくり見せていただきました。
ナイスタイミング♪
で、自分のミスを発見。
1134
先日の角は手先が右、輪が左にありますが、先生の締め方だと逆で右に輪がありました。
実は角出しは他装で習ったので、人の背中側にまわった時に
手先を「いったん右にやってから左に折り返し」ました。
そうすると右に輪、左に手先になりますよね。
で、私は自分で前結びする時にも「右にやってから左に折り返した」ので、
角出しを後ろに回した時には手先が右、輪が左になったのです。

正しくは・・・
前結びをする時には他装とは逆に「左にいったんやってから右に折り返し」ます。
角も先日よりも少し短く。
で、こんな感じ(^^♪ 
↓ 着物まで着る時間はなかったから帯だけ(;^_^A
1112

輪や手先が左右どちらかはもしかしたら結び方によっては
どちらもあるのかもしれないけど、もっと大事なのは形ですよね。
お太鼓というのか帯の底は平らで先っちょは尖がっています。
1113
先日角出しを結んだ時にはどの程度まで底を平らにするのか、
角を斜めにするのか、いい塩梅がわからなかったので
チョーテキトーにしてしまったのです。
それが先日の私の角出し・・・
底の平ら部分もあやふや、角は全く斜めになっていません・・・
恥ずかしい~(;^_^A(;^_^A(;^_^A
1135

トルソーちゃんでも確認してみました。
1114

底は平らですね。
1115

昨日の先生のがこれくらいだったか確実ではないけど、
こんな感じではありました。
1116

失敗は成功のもとであります・・・(#^.^#)

にほんブログ村

2017-03-28

留袖って重いのね・・・

初めて留袖の着付けを練習しました。
私は持っていないので先生のをお借りして。

こちらは先生が着付けたトルソーちゃん。こういう完成を目指して。
9999

帯は末広太鼓という結び方だそうです。
末広(扇子)を忘れた人には末広太鼓を結んであげれば
背中に末広ありますよってことで良いのよ、と冗談のような話も(笑)
あっ、先生は真顔でしたから冗談ではなく・・・
9998

留袖や振袖の場合は先生のようなベテランでもクリップは3つ使って
留めるそうです。もちろん重いからということと、背中の紋が少しでも歪むと
目立つからそれを防ぐためだそうです。
9997

末広太鼓は「たれ」でキレイな扇形を作って
マジックテープ付のゴムなどでしっかり留めます。
9996

扇は帯枕を締める時に一緒に挟みます。
9994
たれが扇となって上に行ってしまったので輪になった部分を
お太鼓のたれの代わりにします。
9993
帯締めまで締めたら先程のトルソーちゃんの後ろ姿の写真のように
末広を広げて出来上がり♪アングルが悪くて背中の紋が隠れてるけど
実際は隠れてません。きちんと紋が見えるように末広を広げるんだそうです。
1234
末広太鼓のお太鼓の上下の長さはたれまで含めて手巾2つ分くらい。
普通の二重太鼓よりは少し短めだそうです。

ここまで学習したところでお互いに着せっこしました。
こちらはパートナーさんに着せてもらった留袖です(^^♪
9991

9990
座学もあったから帯結びまでは時間がなくてできませんでした。
留袖って初めて着たけど重いんですね~
結婚式とかで長時間着てると疲れそう・・・

座学の時に五つ紋の着物の話になったので五つ紋の黒紋付の
ことを聞いてみました。例のお葬式の話です。
先生お2人とも、お葬式の場合は喪主が略礼装であっても
弔問客は五つ紋の黒紋付で大丈夫、着物で行ってください、との
ご意見でした。ただお通夜は略礼装が良いでしょう、とのこと。
ふむふむ、やっぱり色んな意見があるようです。

にほんブログ村

2017-03-26

本塩沢+真綿紬名古屋帯+おまけのふくら雀練習用袋帯

お友達から譲ってもらった着物たち続編です。

なんと本塩沢です!
すごーい、初めて触った♪
ちょっと身巾が狭いから自分で着ずにトルソーちゃんに着せてみる。
9998
同じく譲ってもらった真綿紬の名古屋帯と一緒に。
この組み合わせも間違いない感じ(^^♪
この子達は別のお友達のところへお嫁に行く予定です。
9997
「なんと本塩沢です」と言っておきながら、
ところで本塩沢ってなに?塩沢お召とは違うの??
違いがよくわからないアタクシ・・・
ちょっとググってみたら・・・
同じでした(;^_^A 本塩沢と言ったり塩沢お召と言ったりするんですね。
なんだ、そうだったのか。
いずれにしても高価な着物であることは間違いない。

着物の八掛が黒っぽいので、私の黒い帯もついでに合わせてみました。
この帯はヤフオクで失敗したものです(;^_^A
長さが短い・・・痩せてる人にしか無理です・・・
初心者の頃って長さまで確認しないのよね(;^_^A 
9996
お洒落なのか、極道の妻っぽいのか・・・どうでしょう・・・
9995
好み次第ですね。

そしてふくら雀の練習用に袋帯も譲ってもらったので
初めて自主練してみました。
9994
帯締めも飾り結びで。
9993
帯をとっかえひっかえしてたら背中心が左に寄ってしまってますが・・・
お召にふくら雀(笑)
形はまぁまぁかな。でも先生のお手本はもうちょっと
お太鼓の上が狭くて下に向かって広がっている感じでしたね。
練習あるのみ~
ちなみに娘にもふくら雀の練習をさせてと言ったら「絶対いや」と
言い張るので「じゃあ練習2回で500円のお駄賃あげるから」
と提案(笑)
すると娘は「んー、どうしようかなぁ~」と前向きに悩んでました(笑)

思い立って夕食後に次々に着せつけて満足満足♪

にほんブログ村

2017-03-25

浜縮緬の着物+帯屋捨松の八寸帯

断捨離を決行したお友達が着なくなった着物や帯を送ってくれました♡
その中にはなんと帯屋捨松の帯も!
確か・・・この間安く落札できた~なんて言ってたような・・・(;^_^A
私には嬉しい限りなのですが♡ 友よ、ありがとう♡

憧れの捨松の帯、手元にあるとなったら締めたい締めたいーっ
で、恐れ多くも銀座のお遣いに着て行ってしまいました。
着物と帯を同系色でコーデ。こちらの浜縮緬の着物もいただきました。
889
浜縮緬というのは滋賀県の長浜地方で織られる縮緬のことなんですね。
縮緬の生産では丹後の方が量が多いけれど長浜でも質の良い縮緬が
生産されているようです。「長浜」を略して「はま」。

この浜縮緬と捨松帯のコーデ、すごく春らしくて良い♡

帯揚げはGOKIGENさんのうずら縮緬白茶色、帯締めは辻和さんのセール品。
前に着付け教室にこのうずら縮緬を持参したら、先生に「うずら縮緬は
風呂敷に使われる縮緬」と教えられてショックを受けました(笑)
シワ加工がしてあるような生地だから多少下手に結んでもごまかせるという
利点があって他の色も集めようかな、と思っていた矢先だったので(;^_^A

でも先生のおっしゃる基本とは別に、自分で使いやすいと思えるものなら
普段着用に使おう、と今は思っています(^^♪

着物の裄はだいぶ短いですね・・・ 
私より裄が長いお友達には七分袖くらいになっちゃってたのかな・・・
↑そういう私も八分袖・・・(笑)
888
事前に裄の長さは聞いていたから、着付けの前に長襦袢の袖を
つまんで縫っておきました。

この捨松の帯は長さが十分にあるので
この間根津神社に行く時に失敗した角出しをしてみました。
が、なんだかぼてーっとして変・・・(;^_^A 右の角は脇に挟んじゃってるのかな?
887
なんか上手くいかない角出しです・・・。
でもショールを羽織るから隠れるし、結び直す時間ももったいないし、
このまま銀座へ行ったという(;^_^A
なんともお恥ずかしい・・・

しかし、くじけませんよ。また次回も角出しに挑戦です。
初めての捨松帯はギュッと締めやすく、柄もチャーミングで
とっても気に入りました(^^♪

にほんブログ村
プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
川崎市在住。
家族は夫、子供3人(長男高1、次男中2、長女小5)
昨年末から着物にはまり時間があれば着物を着てお出かけしています。
自宅では素人ながら細々と小学生に英会話を教えています。

ブログでは着物のこと、英語レッスンの様子、旅行、日々の出来事などを紹介していきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
Hiromi T. Familyの本棚
家族の読書記録
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR